利点と欠点

民事再生を行う場合には、いろいろなメリットとデメリットが存在しています。民事再生の場合には、デメリットよりもメリットの方が多くなっているのですが、どのようなメリットとデメリットがあるのかを見てみましょう。まずはメリットからですが、やはり大幅に借金の返済額が少なくなるというのが最大のメリットです。これほど高いメリットは存在しないと言っても過言ではありません。

また、手続きが少々面倒なのですが、弁護士が殆ど行ってくれるので、自分で行うことは少ないと言えるでしょう。これもメリットだと言えるのですが、再生計画の認可や申し立てが認められるまでの期間が長くなっているのはデメリットだと言えるでしょう。他にも借金の返済がかなり難しくなる住宅ローンに対応していないという点もデメリットです。

自己破産は殆どの資産を失ってしまうのですが、民事再生の場合には一切資産を失うことはありません。これもメリットだと言えるでしょう。民事再生だけではなく、任意整理や個人再生でも同じことが言えるのですが、このような債務整理を行ってしまうと、再びお金の借り入れができなくなってしまうのです。そのため、今後は借金をしないように注意しないといけなくなると言えるでしょう。

主な流れ

民事再生を行いたい場合には、どのような流れで行うようになっているのでしょうか。まずは弁護士を探さないといけませんので、信頼できて債務整理に詳しい弁護士を探します。それから連絡をして相談を行いましょう。民事再生を行うとなったら、弁護士の指示に従って書類の作成を行います。書類の作成とは言っても、それほど難しいものではないので安心して大丈夫です。

住宅ローンに関する返済が楽になることはありませんので、このような注意点も把握しておきましょう。書類を作成して提出したら、民事再生の申し立てを行うのですが、これは弁護士が行ってくれます。申し立てを行ってから1ヵ月前後で開始が決定されます。これで終了ではなく、さらには再生計画というのを提出しなければいけません。再生計画というのは、どのようにして借金を返済するのかという計画です。

このような計画は当然自分自身で行うことはできません。借金を返済するには弁護士と一緒に計画を立てていくようになるでしょう。この再生計画を提出して認可されればやっと民事再生が成立するのです。これから3年以内に借金を返済していくようになるので、どう考えても借金の返済が不可能と判断されれば、民事再生はできなくなります。