民事再生で借金返済

借金を返済するために行う債務整理の方法はいろいろとあるのですが、今回は民事再生について触れてみたいと思います。民事再生というのは、個人再生ともよく似ている方法になるのですが、少々手続きが面倒になることから、企業などが借金をしたときによく用いられている方法です。もちろん個人であっても民事再生を行うことは可能なので、弁護士に相談をして行う人もいるでしょう。そもそも民事再生というのはどのような方法なのでしょうか。

簡単に言えば借金の金額を大幅に減らせる方法なのですが、住宅ローンには適用できません。よって住宅ローンが返済できない場合には、民事再生ではなく競売や事前に住宅を売ってしまうという方法になるでしょう。それ以外の借金であれば大幅に減らすことができます。民事再生を行うためには裁判所への申し立てが必要になるので、当然一般の人だけでは行うことができません。だからこそ弁護士が存在しているのですが、当然知識があって信頼できる法律事務所に相談をする必要があります

比較的面倒な手続きが必要になる方法ですが、それだけ借金の返済が楽になる方法だと言えるでしょう。民事再生は企業が行うのが一般的なので、中には専属の弁護士がいる場合もあると思います。しかし、専属弁護士は借金の心配とは無縁の大手企業にいることが多いので、やはり弁護士探しはとても重要になります。当サイトでは借金の返済が楽になる方法として、民事再生という方法がよいということを紹介させていただいています。